ボウリングの投げ方と知識



ボウリングの知識

ボウリング 投げ方を習得する前に、使われるボールの直径は約21.8センチメートル、重さは4ポンド(1.81キログラム)から16ポンド(7.25キログラム)の範囲と決められています。
自分に合ったボウリング 投げ方をしてハイスコアを出すためには、このボール 持ち方や選択が重要なポイントになります。
ボーリング場に置いてあるボールはポンド刻みで自分に合った重さのものを選ぶことができますが、選ぶ際には、重い方がピンにはじかれない点で安定している一方で、投げる人が重すぎると感じた場合は、自分なりのボーリングの投げ方を使ってもスピードや回転がつきにくく、
ピンの狙った所に行かない傾向があることを考慮する必要があります。ボール 持ち方 種類を知っておいてください。もちろんボウリングシューズも選び方も大切になってきます。
ボールの表面に使われる材質としては、硬質ラバー、ポリエステル、ポリウレタンなど色々ありますが、材質によりレーンとの摩擦が異なり、 自分のボウリングの投げ方で投げたボールのコース取りに強い影響が出てきます。ボール 選び方は大切です。また、ボール内部は「コア」と呼ばれていて、 もともとは全体の重量を調整するだけに使用され、バランスも左右対称でしたが、1990年以降は非対称のものも多く発売されています。
プロの人やクラブに属している人は1投目と2投目でほとんどの場合違うバランスのボール(マイボール)を使っています。使用するボールを変えることで、 自分のボーリングのフック 投げ方をかけるなど少し変えるだけでコースを変えることができ、狙ったピンにあてやすくすることができるのです。

ボウリングのスコアの書き方

ローダウン 投げ方カーブボール 投げ方 最近のボウリング場の中ではスコアボードが自動的に表示され、自分でスコアシートに記入する心配をせずにボーリングで投げ方に集中できます。
そのため、初心者もボーリング場で、自分のボウリングの投げ方でボールを投げて、スコア表を見て合計が出て、良かった悪かったということだけで十分楽しめることになるわけですが、
ここではもっとゲームを楽しむために、ちょっとスコアにこだわり、自分なりのボウリング 投げ方で高得点を狙う方法について、 昔使っていたスコアを使っシートてイメージトレーニングしてみましょう。
スコアシートには横に10個のフレームがあります。これが1ゲームです。
各フレームに小さい枠が2個ありますが、そこにそれぞれのボーリングの投げ方でボールを投げ、倒れたピン数が数字や記号で記入します。
ストライクの記号は「×」で基本得点は10点ですが、ストライクの場合次の2投分で倒したピン数が得点に加算されます。
ストライクが2本連続でダブル、3本連続でトリプルとなります。
また2投目で残ピン全部を倒すことをスペアといって、2投目の小さい枠に「/」を記入します。ボールが両端の溝に落ちるた場合は「G」(ガーター)、 2投目でピンが倒せなかったった場合は、「−」と記入します。
第10フレームの表示には小さい枠が3個あります。ここではストライクもしくはスペアが出た場合には3回の投球ができ、その分得点も増えるということになります。

ボウリングの上達方法

プロボウラー 投げ方の研究も大事ですが、ボウリング関係の会に参加する時の心がまえとしては色々ありますが、初心者としてボーリングの投げ方にこだわらず、スコアのことはあまり考えないで参加する人、 仲間とボーリングのスコアを上げるようにボウリングの投げ方を練習する人、しっかり実力がついてハイスコアが狙う人など参加の理由は人それぞれですよね。
初心者をそろそろ卒業して基本的なボーリングの投げ方が安定して来た人は、そろそろハイスコアを狙いたいと思われる方も多いと思いますが、 このだんだん上手くなっている期間のゲーム参加ではモチベーションの部分でも、スコアを上げるのは盛り上げるための手段だと考えたり、ボウリング 投げ方 応用を考えたり、 ダブルやトリプルが取れると大騒ぎしたりしたり、ゲームで最高スコアを取った人には賞があるなどの楽しみがあったりすることも大変励みになるとおもいます。ボウリング コツです。
また、同じぐらいボーリングが上手な人と定期的にゲームをして得点を競ったり、ボーリングの投げ方をお互いにチェックしあったりする機会をつくることも大事ですよね。
また、だんだん練習をしてスペアがとれるようになったり、コースのイメージトレーニングどおりのボーリングの投げ方ができるようになると、 そろそろ、マイシューズ、マイボールやボウリングの道具が欲しくなってきたりもします。
アベレージ150以上の得点を狙えるようになったら、ボウリング 投げ方 動画などで勉強し、是非、マイシューズ、マイボールを使って更に自分のボウリングの投げ方に磨きをかけていってください。

関連リンク

絶対ボウリングが上手くなる

Copy Right ボウリングの投げ方と知識 Co.,Ltd.Since 2009

このページのトップへ

無料 ホームページ レンタルサーバー 無料君